労使トラブル相談

労働問題と企業経営は表裏一体の関係にあるといっても過言ではありません。
会社にも、コンプライアンス(法令遵守)が強く求められており、国がすすめている時間労働削減等の労働時間の適正化や有給休暇取得率の向上等が問われるなかで、サービス残業の問題、また就業規則の不備などにより会社と従業員との間にトラブルが発生することがあります。
現在の日本の労働諸法令では労働者保護に重点が置かれており、労働諸法令を逸脱した雇用を続けると、些細な事でも問題になり、ときには労働紛争に発展し、大きな費用負担と会社の信頼の喪失につながります。労働トラブルを未然に防止することが、社員の信頼の獲得と会社の成長に必要不可欠のことと考えられます。
そのためには、会社の諸規程を整備し、労働諸法令を遵守する勤務体制を確立する必要があります。

経営者のための無料トラブル相談 初回無料

主な労働トラブルとは?

■ 解雇・退職勧奨
■ 労働契約(労働条件の明示、契約内容の相違・変更、試用期間等)
■ 賃金の未払い
■ 雇用保険
■ 労働条件(制裁、懲戒処分、昇格・昇進、業務上の損害賠償等)
■ 賃金(賞与、割増賃金、手当、平均賃金、一方的な賃金カット等)
■ 職場のいじめ
■ 退職
■ 有給休暇
■ 社会保険
■ セクシュアルハラスメント
■ 職場の人間関係
■ 退職金

お電話でのお問い合わせ

Tel.076-241-2573

ホームページからのお問い合わせ

お問い合わせページ
ネットde顧問 ネットde顧問ログイン
SRP